2006年04月22日

ミント味のお水



わたしが今飲んでいるお水は、メトロミントのスペアミント味。

ミントのさわやかな味がしてとても美味しい。
さわやかさが不思議なカンカク。
ノンカロリー・ノンシュガーで、無炭酸。
細身のボトルでかわいいメトロミントは、ペパーミント味もあるそう。

リラックスとリフレュシュの2つの効果を同時にくれる。
新感覚の味わいが、冴えさせる。

仕事中のリフレュシュにたぶん最適。
わたしは、冷たい水を飲むとおなかが痛くなってしまうので、水は常温が好きなのだけれど、これは、冷やしていなくても氷水より冷たいカンカク。

メトロミント スペアミント (大塚製薬 メトロミント )
メトロミント ペパーミント (大塚製薬 メトロミント )
posted by stella at 13:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

手触り



最近、めっきり紙の仕事をしなくなった。

ああ、でもやっぱりわたしは紙がすごい好きだ。

手の感触は、あまりにも偉大だ。
ああ、たまには紙を触りたいなぁ。
posted by stella at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

夜桜とフランクロイドライト



自由学園 明日館

高さを抑えた建物は、まるですべてがわたしのものかのような気分にさせる。
posted by stella at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

レゴ系?外付けハードディスクLaCie Brick Desktop Hard Drive

【外付HDDドライブ】Lacie brick 250GB(301062J)
【外付HDDドライブ】ラシー LaCie Brick Desktop Hard Drive

世界的に著名なフランスのデザインスタジオ、Ora-itoがデザインしたものです。
日本では、ミネラルウォーターの「OGO」のデザインで知られています。
企業とのコラボプロジェクトも多数手がけており、このLaCie Brickシリーズもその一つ。

一見、インテリア小物か玩具のように見えるユニークな外観です。赤、青、白のカラーリングも楽しげ。
そして、このブロックのような外観から想像するように、もちろんスタッキングが可能。

PC周辺器機も美しいモノがいい。
posted by stella at 20:06| Comment(1) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

木の椅子

木の製品ページでもご紹介している、nextmaruniの木の椅子たちが、表参道ヒルズのイデアフレイムスで展示中。
モノづくりの背景を垣間見られます。

このSHOPでは、国内、国外問わず、世界の各国から優れたプロダクトデザインをセレクトしています。LEXON、BRAUNなどデザインに優れたプロダクトブランドや、オリジナルアイテムIDEA LABEL、デザイナーとのコラボレーションレーベルTAKUMIプロジェクトから生まれたプロダクト、ALESSI、FLOS、ingo maurer、プラスパイナスゼロなど、デザイナーの起用を大切にするブランド、またデザイナー自身が手掛けたブランド扱っています。
内装はnendoデザイン。





気のおけない友人とBGMの流れるMTGはスローで心地良い。

posted by stella at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

ブラジルのミサンガ

ブラジル展でミサンガを買いました。
これは、ブラジル・バイーア州にあるボンフィン教会のおみやげお守りです。
手首に2回巻いて、3回結びます。結ぶときに願い事を心の中で唱えます。
ほどけたときに願いがかなうといわれています。

↓下記で購入できます。
デレルバ DELL'ERBA/ミサンガ・ボンフィン(ピンク)





マルコス・ヴァーリのCDを買いました。
新しい時代の幕開け。
posted by stella at 21:17| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

トード・ボーンチェと唐草文様のコラボ企画展

東京ホテルスタイルでもおなじみの「ガーランド シェイドライト」。


icon
icon
ガーランド シェイドライト icon
オランダ出身の感性あふれるデザイナー、トード・ボーンチェによるフラワーモチーフのシェードです。花びらがひらひらと舞い降りるようなデザインは、17〜18世紀のヴィンテージが物語るロマンチックな美しさを21世紀に届けてくれます。シーリングタイプの照明として使うだけでなく、オブジェとして飾るとクラシックな雰囲気を醸し出します。繊細なエッチングから生まれた葉と花には、電子機器に使う高度な最新の技術処理が施されています。価格:¥
8,925(税込)



オランダ出身の感性あふれるデザイナー、トード・ボーンチェによるフラワーモチーフのシェードです。
花びらがひらひらと舞い降りるようなデザインは、17〜18世紀のヴィンテージが物語るロマンチックな美しさを21世紀に届けてくれます。
シーリングタイプの照明として使うだけでなく、オブジェとして飾るとクラシックな雰囲気を醸し出します。
繊細なエッチングから生まれた葉と花には、電子機器に使う高度な最新の技術処理が施されています。

いま、銀座のHOUSE OF SHISEIDOにてトード・ボーンチェと唐草文様のコラボ企画展が開催中です。
妙にフィットするこのカンカクは何…?!

2006.2.7 − 3.19
企画展:「KARAKUSAの森 トード・ボーンチェ、唐草と出会う」
繊細さとやさしさ、洗練された作風で世界的に注目を集めているプロダクトデザイナー
トード・ボーンチェと創業以来、資生堂がデザインのよりどころとする、唐草の文様。
彼のデザインと唐草のコラボレーションから生まれた展覧会です。
東京都中央区銀座7- 5- 5(銀座並木通り 資生堂本社ビル1F, 2 F)
11:00〜19:00(入館は18:30まで) 月曜日定休日
posted by stella at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

THE有頂天ホテル

三谷幸喜が4年ぶりに監督に挑む映画「THE有頂天ホテル」、いよいよあと2日で公開です。

□ホテルに泊まりたくなる映画『THE 有頂天ホテル』がきっとあるはず…!

映画の舞台は高級ホテル「ホテルアバンティ」。
大晦日の夜10時から年越しまでの2時間をリアルタイムに描く群像劇です。

「キル・ビル」や「いま、会いにゆきます」のセットを手がけた種田陽平がホテルの1階部分を丸々造り込みます。
1951年の創業当時の面影を残す、ヨーロピアンクラシックな旧館と新館には354の客室があり、ハリウッド映画「グランド・ホテル」のキャストの名を冠した、4つのスイートルームは必見です。

■キャスト
□「ホテルAVANTI」の従業員
役所広司 (副支配人:宿泊部長)
松たか子 (客室係)
香取慎吾 (ベルボーイ)
戸田恵子 (アシスタントマネージャー)
生瀬勝久 (副支配人:料飲部長)
オダギリジョー (筆耕係)
川平慈英 (ウェイター)
堀内敬子 (客室係)
石井正則 (ホテル探偵)
伊東四朗 (総支配人)

□その他の客や人々
佐藤浩市 (国会議員)
浅野和之 (国会議員秘書)
原田美枝子 (副支配人(役所)の元妻)
角野卓造 (原田の夫)
篠原涼子 (コールガール)
西田敏行 (大物演歌歌手)
梶原善 (演歌歌手付き人)
津川雅彦 (会社社長)
近藤芳正 (社長の息子)
麻生久美子 (ベルボーイ(香取)の幼馴染)
唐沢寿明 (芸能プロ社長)
YOU (シンガー)
寺島進  (スパニッシュマジシャン)
奈良崎まどか (マジシャンアシスタント)
榎木兵衛 (腹話術師)
高島彩 (?)
ダブダブ (アヒル)

→有頂天になれるホテルは…
posted by stella at 15:19| Comment(0) | TrackBack(6) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

ペーパーアートみたいな電池不要のパーソナル加湿器

先日、加湿器の話をしたばかりですが、またときめく品を見つけてしまいました。

電力不要のパーソナル加湿器「ちょこっとオアシス」なる品。
軽量コンパクトで見た目も面白い。
フタを開くと、花びらのようなフィルターが広がります。
紙アートデザイナーによるこのユニークな花びらフィルターのカタチがポイントで、2メートル範囲の湿度が役5パーセント上がるそう。
パソコンの横において乾燥対策したいです!

ちょこっとオアシス 【代引・3個以上購入】人気沸騰中!自然気化式 パーソナル加湿器
→ パーソナル加湿器 ちょこっとオアシス

posted by stella at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

プラスマイナスゼロ(±0/深澤直人)の加湿器を

く、くうきがかんそうして肌がイタい…
と、加湿器を買いました。

購入したのは、もっとも売れている深澤直人デザインのプラマイゼロの加湿器。
昨年からグレードアップしてアロマポットつきになったよう。
水がなくなるまで加湿しつづける連続加湿と、湿度を約60%に保つように加湿、停止を繰り返す自動加湿があります。
この美しいフォルムからしゅわしゅわとたちのぼる白い湯気をぼんやりと眺めつつ、長い夜を楽しむことにします。


・オブジェのように美しい加湿器
・2005年度GOOD DESIGN賞受賞
・カラーバリエーションも豊富
・アロマポットつき
・持ち手がついてるので運ぶのもカンタン
・タンクには2.4リットルも水が入り、連続8時間加湿が可能

■おすすめSHOPで購入
→hhstyle.com プラスマイナスゼロ ±0 スチーム式加湿器 アロマポット付き
icon
→アンジェ プラスマイナスゼロ(±0) アロマポット スチーム式加湿器

→東京ホテルスタイルの深澤直人のページへ

↓ついでに買ってしまおうか悩んでいる品…

icon
icon
posted by stella at 13:33| Comment(1) | TrackBack(5) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。