2006年06月09日

すべて半額の家具...私だったらこんなセレクト

全ての家具が全部半額(以下)という激安家具店の半額館

なぜ半額なのかというと、「製造元や販売元の直販」だから。
なるほど。

あまりに安いので、つい私だったらこんなセレクトを...というのをシミュレーションしてしまいました。
インテリアを揃えるのはちょっと気合が入りますが、全部買ってもこんなに安いの?というびっくりな結果に。

私だったら、下記の家具をセレクトします!

■リビングルーム
ソファ
\42,200 → \21,100 (税込み\22,155)
モカブラウンの布張りのソファー。
コンパクトでどこにおいてもしっくりきそう!
色違いで白と黒がありました。


フリーラック
\41,300 → \20,650 (税込み\21,683)
組み合わせでいろいろ変化するフリーラック。
アイデアしだいでいろんなカタチに変化します。
落ち着いた色も綺麗。


コーヒーデーブル
\26,200 → 13,100 (税込み\13,755)
ガラスと木の組み合わせのテーブル。
キャスターつき。


TV台
\31,100 → \15,550 (税込み\16,327)
枠は木、引き出しは竹でできたテレビ台。
AVチックではなく、自然にインテリアに溶け込むこんなテレビ台が欲しかった!


リクライニングチェア
\72,400 → \36,200 (税込み\38,010)
リクライニングチェアのある生活ってやっぱり憧れ...
無段階のスライド式リクライニング、本革張りでオットマンもついていてこの価格はびっくり。


■ベッドルーム
ベッド
シングル :\49,800→\17,905 (税込み\18,800)
スプリングマットレスとヘッドボード付きフレームとベッド照明付のローベッド。
色違いでナチュラルブラウンと黒もありました。


オールシーズン対応羽根布団8点セット
\29,800 → \7,980 (税込み\8,379)
掛け布団、敷布団、肌掛け布団、枕、掛けカバー、敷きシーツ、枕カバー、枕カバー、収納ケースの8点セット。
ベージュ、オレンジ、ピンク、グリーン、ブルーと色違いがありました。

■キッチン・ダイニング
ダイニング3点セット
\50,500 → \25,250 (税込み\26,513)
小さめだけどカジュアルでかわいいテーブルセット。 省スペースでいいかも。

ダイニング5点セット
セット価格:\92,500 → \46,250 (税込み\48,563)
円卓型のダイニングテーブルセット。 椅子の収納時には丸い天板の下にピッタリ収まるようになっています。
丸いテーブルってかわいい!


カウンターテーブルセット
セット価格:\34,200 → \17,100 (税込み\17,955)
なんとなくあると嬉しい小さな一人用のカウンターテーブルセット。
スチール クロームメッキがちょっと未来的。


■収納など
書棚
\24,200 → \12,100 (税込み\12,705)
収納部が斜めに傾いている面白いカタチの書棚です。
その理由は...斜めに傾いていることで、収納した本が倒れないようになり、本の状態や見た目をきれいに保てるのです!
色違いで白もありました。


ハンガーラック
\19,900 → \9,950 (税込み\10,448)
マルチに使えるシステムハンガーラック。


ランドリーワゴン
\17,600 → \8,800 (税込み\9,240)
収納に使えるランドリーワゴン。
丈夫な帆布で、キャスターつき。


キャビネット
\25,200 → \12,600 (税込み\13,230)
US家具みたいなかわいいキャビネット。
学校みたい。


ディスプレイラック
\28,600 → \14,300 (税込み\15,015)
フラップ式の扉で見せる収納、隠す収納ができます。
レコードのジャケットや雑誌の表紙をディスプレイしたい。
図書館みたい。


■OA&PC
OAデスク
\24,400 → \12,200 (税込み\12,810)
シンプルなOAデスク。
作業のしやすい幅1400cmの大きめののもの。
1000、1200、1800cmとサイズ違いもありました。


OAチェア
\21,300 → \10,650 (税込み\11,183)
カジュアルな肘なしチェア。
シンプルなデスクにぴったりのデザインです。
posted by stella at 20:32| Comment(18) | TrackBack(2) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

改めて、crocs(クロックス)のサンダル“cayman(ケイマン)”



先日の記事に書いたcrocs(クロックス)の人気のサンダル、“cayman(ケイマン)”。
とても鮮やかなパープル。

改めて思うけれど、本当に軽い。

そしてこの特殊素材はプラスチックでもゴムでもなく、バクテリアが付着しにくいという不思議な素材。
細菌の繁殖を抑えるため、臭いがつきにくく、まるごと水洗いもできて衛生的。



そして、ストラップがフレキシブルに動き、取り外しもできるので、2色買えば、4通り楽しめるという技も...




ますます色々なカラーが欲しくなります。

おもいきった色がおすすめです。

やはりまだ品切れが多いですが、下記に自分のサイズがあったらラッキー。
下記サイトの説明にもあるように、サイズは1サイズ下でぴったりきます。

→語れる「モノ」が集まるショッピングサイト【モノマニア】

→楽天でも扱っています
posted by stella at 03:18| Comment(18) | TrackBack(1) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

±0 Sole Bag/上履きバッグ

±0 Sole Bag (上履きバッグ)±0 Sole Bag (上履きバッグ)

どこかで見たことのある素材を使ったプラスマイナスゼロのシリーズ。
これは“学校の上履き”です。
かかと部分のループやヒールの補強縫いなど、細かいモチーフもそのまま再現されています。
カラフルなつま先の色ゴムがポイント。躊躇せず地面に直置きできますね。

ほかに、建築用のネットをつかったバッグだとか、サッカーのフィールドを一部分だけ切り取ってきたかのようなマットとか。
どこか見覚えのある素材が身の回りで活躍してくれています。

±0 Mesh Tarp Tote Bag建設ネットバッグ±0 Soccer Mat(サッカーマット)

±0 Mesh Tarp Tote Bag建設ネットバッグ±0 Soccer Mat(サッカーマット)
posted by stella at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロックスのサンダル



一度履いてみたらあまりの心地よさに即購入を決意したcrocsのサンダル

すごく軽くてクッションがきいていて一度履いたら脱ぎたくなくなります。
素材は、クロックが開発したオリジナルの樹脂素材で、臭いがつきにくく、履いているうちに自分の足になじむようになる不思議な素材。
もともとは、ヨットのデッキシューズだそう。

しかし、人気のため、ずーっと品切れ...

先日やっと少し入荷したようです。
また、小さいサイズもこれから少しですがまた入るようなので、要チェック、自分のサイズがあったら即購入です。

カラーバリエーションが豊富でたくさん欲しくなります。

わたしはパープルをねらっています。

→語れる「モノ」が集まるショッピングサイト【モノマニア】

→楽天でも扱っています


ポップな色合いと豊富なカラーバリエーション、機能的でかわいいデザインでファッション性も抜群のクロックスcrocsサンダル。お値段がリーズナブルなので、シーンに合わせてお好きなカラーをチョイス、気軽に何足もそろえることができるアメリカ生まれの画期的なサンダルです。一度履いたら虜になること間違い無しのクロックス。
posted by stella at 13:29| Comment(1) | TrackBack(1) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

木目好きにはたまらないノックス シュレッダー



しっとりとした皮の風合いと木目にうっとり。
ただのダストボックスかと思いきや、なんとシュレッダー。
OA機器とは思えないデザインです。
そして、手前の丸い穴からは通常のごみを捨てられます。
一石二鳥。



裁断された紙はダイヤ型になっています。これが、かさばらせないミソなのです。

↓限定販売のブラックもあります。






機能性とデザイン性の両方を追求した、シュレッダーの新しい形です。

ノックス シュレッダー (ナチュラル)
ノックス シュレッダー (ブラック)
posted by stella at 19:07| Comment(0) | TrackBack(1) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

レゴ系?外付けハードディスクLaCie Brick Desktop Hard Drive

【外付HDDドライブ】Lacie brick 250GB(301062J)
【外付HDDドライブ】ラシー LaCie Brick Desktop Hard Drive

世界的に著名なフランスのデザインスタジオ、Ora-itoがデザインしたものです。
日本では、ミネラルウォーターの「OGO」のデザインで知られています。
企業とのコラボプロジェクトも多数手がけており、このLaCie Brickシリーズもその一つ。

一見、インテリア小物か玩具のように見えるユニークな外観です。赤、青、白のカラーリングも楽しげ。
そして、このブロックのような外観から想像するように、もちろんスタッキングが可能。

PC周辺器機も美しいモノがいい。
posted by stella at 20:06| Comment(1) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

ペーパーアートみたいな電池不要のパーソナル加湿器

先日、加湿器の話をしたばかりですが、またときめく品を見つけてしまいました。

電力不要のパーソナル加湿器「ちょこっとオアシス」なる品。
軽量コンパクトで見た目も面白い。
フタを開くと、花びらのようなフィルターが広がります。
紙アートデザイナーによるこのユニークな花びらフィルターのカタチがポイントで、2メートル範囲の湿度が役5パーセント上がるそう。
パソコンの横において乾燥対策したいです!

ちょこっとオアシス 【代引・3個以上購入】人気沸騰中!自然気化式 パーソナル加湿器
→ パーソナル加湿器 ちょこっとオアシス

posted by stella at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

プラスマイナスゼロ(±0/深澤直人)の加湿器を

く、くうきがかんそうして肌がイタい…
と、加湿器を買いました。

購入したのは、もっとも売れている深澤直人デザインのプラマイゼロの加湿器。
昨年からグレードアップしてアロマポットつきになったよう。
水がなくなるまで加湿しつづける連続加湿と、湿度を約60%に保つように加湿、停止を繰り返す自動加湿があります。
この美しいフォルムからしゅわしゅわとたちのぼる白い湯気をぼんやりと眺めつつ、長い夜を楽しむことにします。


・オブジェのように美しい加湿器
・2005年度GOOD DESIGN賞受賞
・カラーバリエーションも豊富
・アロマポットつき
・持ち手がついてるので運ぶのもカンタン
・タンクには2.4リットルも水が入り、連続8時間加湿が可能

■おすすめSHOPで購入
→hhstyle.com プラスマイナスゼロ ±0 スチーム式加湿器 アロマポット付き
icon
→アンジェ プラスマイナスゼロ(±0) アロマポット スチーム式加湿器

→東京ホテルスタイルの深澤直人のページへ

↓ついでに買ってしまおうか悩んでいる品…

icon
icon
posted by stella at 13:33| Comment(1) | TrackBack(5) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

レトロスタイルなアンティーク扇風機

レトロデザインなモノは、出会った瞬間恋に落ちるよう。
扇風機好きの私は3台ありますがまだ欲しいです...
ちなみにうちばTOSHIBA贔屓↓
TOSHIBAレトロ扇風機
尚、アンティークのお買い物は動作確認をしっかりチェックして下さいね。
一点モノにつき品切れだったらすいません。
最後のいっこはアンティークじゃないけど、すごくかっこよいので掲載してみました。


昭和の遺産シリーズ ふじ電機サイレントファン 懐かしい重厚な扇風機 6,980円 (税込)
遂に出ました!懐かしの「扇風機」重厚な造りで見る者を圧倒インテリアにしても味を出します。実働ですが、強弱の切り替えが不可です。


昭和のレトロ扇風機 (オークション1円から)
昭和初期の懐かしさを感じさせるデザイン、オブジェとして置いてもお洒落な卓上ミニ扇風機。


小型アンティーク 扇風機 昭和レトロ 2,709円(税込)
昭和40年台のアンティーク扇風機です。古き良き時代の小型で可愛い扇風機です。羽は20cmで高さは30cm程度の軽量の扇風機です。インテリにも実用にも最高の逸品です。


三菱扇風機 アンティーク 10,290円(税込)
年代の割には大変綺麗な扇風機です。インテリアにも実用にも最高です。音も静かで首も振ります、珍しいリモコンも 付いてます。画像には写っていない小さい小傷はありますが全体的には大変美品です。 サイズ:羽は約25cmで高さは約48cmで小型ですの大変使い易いサイズです。


FRAI CHEUR フロアファン(扇風機) 18,000円 (税込)
オドロクベキ・カッコヨサ 扇風機…。エアコンが標準のこの時代に於いて、既に淘汰された感のある家電です。もちろん、エアコンの快適さは言うまでもありません。スイッチひとつでお部屋は快適です。ですが問題が多いのも事実。多額の電気代や、体調への悪影響。何よりお金がかかります。エコロジーに決めるなら、やっぱり扇風機を見直すべきです。
ですが、この扇風機という奴らは、ダサい!ドン臭い!お部屋に置くだけで雰囲気ブチ壊しの困ったさんでもあります。しかしついに、敬遠されがちな彼らにも、救世主が登場しました。その名は『FRAI CHEUR』。文句なしにカッコイイ。最高にCOOLです。渋く輝くクロムボディと、レトロながら洗練されたデザインで、向かうところ敵無しです。これだけカッコイイ扇風機なんて他にはありません。今すぐ手にしてそのカッコイイ姿に酔いしれましょう。そのカッコよさを友達に自慢しましょう。そしてその優しい風にあたりながら、こう叫んでみましょう。『THIS IS COOL!!!』と。
メタルボディがカッコイイ! 全体がスチール製で、金属特有の洗練された雰囲気を持っています。全体の造りは奇をてらわずシンプルですが、徹底的に造りこむ事で均整の取れた素晴らしいシルエットを獲得しています。シェード部分のパターンがとても美しく、落ちた影には微妙なニュアンスが生まれます。無駄な所が一切なく、計算されたかっこよさです。
メカニカルな印象が最高にクール! ディテールは少々ハードな雰囲気。極太のケーブル類が飛び出していたり、金属板どうしの継ぎ目がメカニカルな印象を演出しています。首振りの可動範囲も充分で、扇風機としての基本性能も合格点です。本当にオススメですよ。
posted by stella at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

iBookを買いました♪

買ったといっても、4年前のモデルを中古で買いました。

昨日、突然、「e」のキーが打てなくなってまったのですよ。
その前から随分不調ではあり、打てないキーがいくつかあったのですが、端っこの方だったり、まぁ慣れてしまうと打てなくても困らなくなっていて(キー配列とかあるし)、だましだまし使っていたのですが、さすがに「e」が打てなくなると、もう文章が書けないんですよね。

で、ヤバっ、と思った次の瞬間には、私はある場所へ向かっていました。
私は、こういうところがダメなんです。「全く調べない」んですよね。機種も価格も店も。現代人ではありませんね...

とりあえず現金10万円を握りしめて向かった先はソフマップ新宿3号店
私は困った事があるとここへよく来ます。
実は数年前までは、この近くにパワーラボというPowerBookの専門店があり、一途に通い続けていたのですが、悲しい事に潰れてしまいました。
その後は、このソフマップ新宿3号店一筋です。

条件は、OS9とOS10、どちらも起動できること。
そうなるともう中古しかないんですよね。
OS9にこだわりつづけなければ、きっと新品を買った方がどー考えてもお得なんですけど。
Mac miniとかiBook G4とか。

いくつかあるマシンのうち、ほどほどのスペックのマシンをチョイス。
中古なので、ドット抜けや、傷、動作確認など細かくチェックします。
一応、ずっと中古ユーザーなのでそこらへんは心得ています。
店員さんは、親切にこまかなわがままにつきあい何台も見せてくれます。

コレ、というマシンはiBookのG3/500のAirMac内臓モデル。
なかなか綺麗。
しかし、元あるマシンと繋ぐためのハブやLANケーブルなどを選んでいたら、は!10万円超えちゃった!
私のポケットに入っているのは10万円の現金のみ。
うっすら涙目で店員さんへそれを伝えると...

そこで、魔法はおこりました。

店員さんは自信ありげに電卓を叩き始めました。

まず、その日はちょうどその日までのセールだったらしく6%引き、でちょうど雨の日でもあったので雨の日割引き、ソフマップカードをJACSつきのものに変えると1000円引き、そして、ADSLのプロバイダをのりかえると(←サービス内容はよかった)1万円引き...とかなんとかがあり(曖昧)

で、最終的に、電卓に弾き出された金額は、84000円!

素敵!かっこいい!
私は、計算に弱く、こういう魔法(のようなもの)には本当に心ときめいてしまうのです。
一瞬で恋に落ちました。

なんだかすごく得した気分でした。

中古なのでうっすら傷もあります。スペックもあまり...
でも、とってもかわいくて、ニコニコしてしまいます。

私は、基本的に、自分の手元へやってきたものを愛してしまうのです。
比較が苦手...(致命的)
なので、自分の買い物で、失敗したと思ったことはないのですよ、実は。

予算的な都合もあるのですが、元あるマシンより下のスペックのマシンを買って、何故こんなにニコニコしているのか、ちょっと自分でも謎です。

でも、何らかの縁で私の元へやってきた子を、大切にしたいと思っています。

ノートPCユーザー歴は長いのですが、お出かけしたことはほとんどないのです。ノートといってもMacだと重いし。
でも、今度は12インチなので頑張れば持ち歩けます。AirMacもあるし♪

OS10もちょっとづつ慣れ始めます
これは、なかなか大きいです。OS10ならCSSが思う存分使えるようになります。

ああ、またWindowsマシンを買うのが遠のいてしまいました...

中古ノート生活には慣れているので、移行はラクラクです。
常に外付けHDにシステムもデータも入れていますから。
FireWireをプチッと繋ぎ直して終わりです。
パソコンは、ある日突然壊れるものなので困りますよね。

ところで、MacのノートPCは映画などでもよく使われますが、このリンゴマーク、実は昔は逆さまだったのです。
蓋を閉じた状態で自分から見て正面にむかっていたので、開いた状態で後ろからみると逆さまに。
逆さリンゴは黒いPowerBookで最後となりました。(2000年くらい?)
逆さリンゴ、けっこう好きだったんですけどね。

このiBookはお豆腐のようなので、私はつい上下間違って、ヒンジ側を開けようとしてしまいます...

ibook.jpg
posted by stella at 16:31| Comment(2) | TrackBack(1) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

拾いモノに縁

拾いモノに縁のある人、というのがあると思います。
かくいう私も実はそういうタイプなのではないかと思っています。

あの角を曲がると何かいいことがあるかも...
なんていう勘(?)は妙に冴えてたりするのです。
あ、拾いモノに関してですがね。
不思議と道を歩いていていても、あの角を曲がると何かあるに違いないという、勘のようなものがすごくよく働きます。

自然とそこに留まっているものもあれば、誰かの手によって唐突にその場所へ置かれたものもあり、モノは静かに語っています。
けっこうシュールな風景もありますよね。

何らかの縁で我が家へやってきたモノは数知れず。
生まれも育ちも違うモノたちも、不思議と仲良くやっています。
おそらく、心に触れたモノたちには、静かな一貫性が、あるのだと思います。

毎朝の散歩が苦にならなければ、きっとあなたも何かに出会えるでしょう。


↓そんな目で見つめられちゃ...
photo01.jpg

↓彼女はうちの壁に...(だ、誰?)
photo02.jpg
posted by stella at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

こだわりの生活用品、スタイル、空間。

その道のプロがガイドをしてくてれ、いつだって新しい世界へ連れて行ってくれるAll Aboutに、「All About スタイルストア」という、とっても素敵なお店ができました。

「生活をつくる」という視点で、「その道のプロたち」が選んだ商品を扱うセレクト型オンラインショップです。「生活提案のプロ」であるスタイリストやAll Aboutのガイドが、使ってみて良いと実感したものを中心に紹介しています。商品だけでなく、暮らし方や住まい方のスタイル、心地よいスタイル作りを提案ししています。

このサイトでは、「スタイルカタログ」という、実践してこそ楽しくなる暮らし方や住まい方のスタイルのアイデアや、「アトリエカタログ」という、職人さん、クリエーターさんが精魂こめて作る逸品とその背景の紹介、 「コラムカタログ」という、モノにまつわるこぼれ話など、モノを通してココロの輪が広がるようなコンテンツがとっても充実しています。

shop_234_60

私が、雨の日の休日に、共に過ごしたいと思ったアイテムは、ウッドピースゲーム
KAKURAのオリジナルブランドである「semicolon」の革製品です。ウォールナット・ブナと革という異素材が仲良く共存し、自然素材が心を癒してくれます。
時代の変化の中で一度は廃盤となってしまった、60年代の古き良き逸品を復元する【60VISION(ロクマルビジョン)】シリーズの1つ、【アデリア60】の第1弾商品として復刻された、60VISION/ コーヒーカップ&ソーサーセット 琥珀は、変わることない宝物のような時間を、教えてくれます。
ぼんやりと読書をしたり、せっせとアイロン掛けをしたり、想いを廻らせラブレターを書いたり、ちゃぶ台のようなテーブル、コサイン/アトリエデスクは、広げるだけでいくつもの空間に変身させてくれます。
そんな、いまここに存在する「ひととき」を、グンと豊かにしてくれるアイテムたちが、私を安心させてくれます。



オープニング特集の、「ある土曜日。」というコーナーを覗いてみて下さい。
いつもなにげなく通り過ぎてしまう時間が、愛おしく思えてくると思いますよ。

こんな、ココロの旅ができるサイト、とっても憧れです。
posted by stella at 18:44| Comment(0) | TrackBack(1) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

デザイン家電いろいろ

雑誌「デザイン家電」の2号が出ました。
この雑誌は、その名の通り「デザイン家電」に スポットをあてた雑誌です。
家電...見回してみると、お部屋のかなりの部分に存在します。
お部屋のアクセントになったり、またはお部屋の悩みにもなってしまうのが家電。
生活必需品であり、お部屋の印象を大きくかえるモノだからこそ、気に入ったモノを選びたいですよね。
この雑誌を見てると、あれもこれも...と思いが巡ってしまいます。
東京ホテルスタイルもデザイン家電の買えるお店として紹介してもらいました。ありがとうございます♪

ちなみにこのシリーズでは、下記のようなシリーズもあります。
どれも、保存版にしたい雑誌です。



デザイン家電 そばに置きたい…
デザイン電化住宅
デザインステーショナリー やっぱり文具が好き !
デザインキッチンツール 探してたキッチンツールはここにあります !
デザインテーブルウェア 欲しかったテーブルウェアを集めました
デザイン照明 暮らしは「あかり」で変わります。
デザインハンドクラフト 日本の若手デザイナーが作るテーブルウェア
北欧スタイル (No.4)北欧スタイル (No.3)
趣味の文具箱 文房具を愛し、人生を楽しむ本。(Vol.1)(Vol.2)(Vol.3)
机上空間 特集センスのよい「机・椅子・文房具」が欲しい!

ところで、うちのデザイン家電...ではたぶんないと思うけれど...
お気に入りの家電を紹介します。

□Nationalポップアップトースター
しかくてかわいいです。
ポンッと音をたてて焼き上がるトースターはとってもこんがりしていておいしいです。
kaden01.jpg

□Philipsティーメーカー
ティーメーカーってなかなか珍しいです。
できあがるとかわいらしい音楽が流れるのが笑えます。
kaden02.jpg

□リサイクルショップ
上の2つは、実はリサイクルショップで買いました。
下記のお店は私のお気に入りです。お近くの方がいましたら、覗いてみるといいことがあるかもしれません。
所狭しとガラクタ商品が並んでおり、宝探しのような気分で商品を探せます。
巡り合わせなので、気に入るモノと出会えるかどうか分からないのですが、私はリサイクルショップがあるとつい入ってしまいます。
>> インディゴ(笹塚)
>> ZACK(新高円寺)
>> WILL(上井草)
甲州街道沿いと青梅街道沿いはリサイクルショップのメッカです。
決しておしゃれな感じではないのですが、思わぬ掘り出し物と出会えるかもしれません。

年式の古いものにグッドデザインが潜んでいることは多いです。
楽天フリマで出会えるかもしれません?
>> 調理用家電>コーヒーメーカー
>> 調理用家電>エスプレッソマシーン
>> 調理器具>トースター

□ボルネードのエアーサーキュレーター
さてさて、デザイン家電に話を戻しますと、
これからの季節で、欲しいのは「エアーサーキュレーター」です。
エアーサーキュレーターを使いながら冷暖房を使えば、室内の温度ムラが解消きるので、電力の節約にもなります。
私のおすすめは、やはり ボルネード です。
サーキュレーター12〜40畳
ボルネードの語源は、ボルテックス(渦)とトルネード(竜巻)です。
竜巻きのような風をつくり出し、冷暖房時に生じる室温のムラを防ぎます。これは本当に強力です。
ただ、強力なので、どちらかというと広いお部屋のほうが、効力があると思います。
いくつか型がありますので、お部屋の広さと電力に合わせて選んでくださいね。
ボルネード180は6畳から12畳、ボルネード610は12畳から30畳、ボルネード730は12畳から40畳です。

下記の、スイス・ottoのモノと、ドイツ・LEXONエアーサーキュレーターも気になります♪
【先行予約プレゼント付】インテリアとして最適!otto扇風機メープル 【LEXON】 Tykho Fan サーキュレーター/グリーン
posted by stella at 18:10| Comment(2) | TrackBack(2) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

モルタルと植物と

auから請求書と一緒に送られてくるau style magazineというのをめくっていたら、私の好きな「PULL+PUSH PRODUCTS.(プルプッシュプロダクツ)」というプロダクトが紹介されていました。

モルタルという一風変わった素材を使って、朽ち果てたビルや、片田舎の農家を思わせるアート的雑貨を作っています。
冷たいイメージのあるモルタルですが、どこかのんびりとした暖かみのある、ハンドメイド感のある作品ばかりです。

モルタルは、まずすぐに「建物」をイメージさせます。
なので、マン盆栽などに使うのにもぴったりだと思います。
夢の屋上庭園も作れちゃいます。

廃墟ビルのようなプランター TRUSS PLANTER(トラスプランター) なんて、とってもシュールな世界を醸し出していますよね。

建物の隙間から生えてくる植物(雑草)とか...私はなんとなく目を奪われてしまいます。
一見対象的とも思える素材たちも、実は共存しながら暮らしているのです。
PULL+PUSH PRODUCTS.

Pull Push Truss Planter Pull Push Kiso Ashtray Pull Push Cottage Incense Pot
【お取扱いSHOP: 4senses interior scope version.R


ちなみに、PULL+PUSH PRODUCTS.の作品展示が、原宿の KDDI DESIGN STUDIOで、5/20(金)から26(木) まで行われます。

それから、auユーザーの方は、au style magazineのサイトから壁紙がダウンロードできますので是非チェックしてみてくださいね。
posted by stella at 07:20| Comment(0) | TrackBack(1) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

こころに効くモノ

Born to Createシリーズに新しくUmbrella Design Kit iconという、傘を創るキットが誕生したので、こころを育てるブランドを紹介します。
子供の知育玩具や、物語りと戯れることができるアートは、オトナのこころにも効きます。
コドモの脳に戻って、 五感を鍛えながら、素敵な作品を完成させてくださいね。

□Born to Createシリーズ
子供の創造力で作品を完成させる、こころを育てる素材をお届けする「Born to Create」シリーズです。
子供と一緒に創る世界に一つだけの作品を創ってください。
[おすすめSHOP:hhstyle.com
iconicon iconicon iconicon

□ダネーゼ
ダネーゼ デザイン好きの間で伝説のように語られるイタリアンミッドセンチュリーのブランドです。1957年イタリア・ミラノに設立され、デスクトップアクセサリー、生活用品を中心にデザイン史に残る数多くの名作を発表しています。2000年のミラノ・サローネにて衝撃の復刻を遂げ、ブルーノ・ムナーリ、エンツォ・マリ等の巨匠デザイナーの作品を次々と復刻、さらに現在の気鋭のデザイナーによるNEWプロダクトも合わせて発表している注目のブランドです。
[おすすめSHOP:hhstyle.com
iconicon iconicon iconicon

□トランプ・カード・パズル
想像力と創造力で、新しいカタチをつくりませんか?大人の好奇心や遊び心もワクワクさせてくれます。
[おすすめSHOP:MoMA Online Store Japan
iconicon iconicon iconicon iconicon


東京ホテルスタイルにも、[Kids&Toy][MoMA Design Collection>Stationery][ステーショナリー>玩具etc.]などのコーナーがあるので、よかったら覗いてみてください。
posted by stella at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

無印良品のメガネ

私は、無印良品のメガネを使っています。
実は視力が片方だけけっこう落ちていて、肩凝りなどの原因になるのではないかと思い、「よし、メガネを買おう」と思い立ったのでした。
無印のメガネを選んだのは、フレームのフロントとテンプル(横のつるみたいな所)が自由に選べる、という理由でした。
度数が変わってもレンズのみ変えたり、傷みやすいテンプル部分のみ変えたりもできるので、長く使えそうです。
お値段も一式で¥10,500というお手ごろ価格です。1時間程度で仕上がります。
カラーバリエーションがかなりあって、とーっても迷ってしまうのですが、いろいろ試してみたところ、初めてのメガネには、地味目な、肌の色に近い色合いがいいのではないかと思いました。
水色とか黒とか、ムツカシイって思いました。顔が薄いので、どうも私がかけるとメガネばかりが目立ってしまうのです。
なので、選んだ色は微妙な色で、フレームは茶色っぽい色で、テンプルは緑っぽい色にしたのです。
なにげにテンプルって目立し、色を変えてみると楽しい。

メガネ

検眼がけっこう楽しかった!
はじめてのメガネだからというのもあるのですが、たのしーい。
いろいろな図形や色が出てきたり、機械を覗くと機械が私の目にピントを合わせてきたり、ふっしぎー。何が何だか子供のようにワクワクしてしまった...。

が、元々メガネユーザーではないので、いまいちどんな時にかけたらいいのか分からず、あまり使っていないのですが(涙) 、いざという時(?)にかけると、真面目そうさがUPして役に立つのではないかと、密かに考えています。

あまり活用できていないにも関わらす、あんなにいろんなバリエーションがあると、もっともっとメガネが欲しいな、なんて思ってしまいます。

私はほどほどに無印ユーザーですが、一番のお気に入りは、無漂泊の生成カットコットンです。
一度これを使ったら他のコットンが使えないくらにふんわりやわらか、とっても気持ちがいいです。
機会があれば是非お試しくださいませ。


※メガネを扱っているのは無印でも、都内では、有楽町、新宿、吉祥寺店のみです。
posted by stella at 08:11| Comment(2) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。