2005年06月12日

虫との戦い

今年も悩めるこの季節がやってきました。

ダンゴ虫。

昨年は、 ワラジ虫・ダンゴ虫用パウダー を使って(この薬は本当によく効く)乗り越えたけれど、今年は子猫がいるので薬が使えません。

どうしようか。

お皿にビールを入れて、置いておくと、なめくじやダンゴ虫が誘き寄せられて、溺死するとかいいますけど、そんなもんじゃ効きませんでした(涙)

うちのように、陽当たりが悪くて湿気の多い庭は本当にダンゴ虫に悩まされます。
昨年は、ちょっとノイローゼ気味になりました。
特に、明け方や早朝の活発な時間帯は、もう、土全体がモゴモゴとびっしり動いているのです。
反乱狂になって薬をまいたら、一気に全滅しましたけど。雑草も全部枯れました。(それはそれで怖かった)

今は、ドクダミがお花畑のようになってます。
私はここに住むまで、ドクダミを知りませんでした。
暗くて湿気っぽいところに、次々とこの花が咲き、なんだか陰気な花だな、と思っていました。
何の花はなのか知ろうとしましたが、私は花屋に売っている花しか知りませんでした。
たまたま友人がうちへ遊びに来た際に、彼女にこの花の名前を教わりました。

私は無知でした。

ほかにも、カタバミ(黄色い小さい花が咲く)や、ナズナ(白く小さい花が咲く)、ノゲシ(よく空き地などに生えてる。白いキクのような花)など、うちの庭の謎の植物たちの名前を教えてくれました。

私は、この日陰の手付かずの庭の自然の生態系の中で、いろいろなことを学びました。

諸事情により、私がこの雑草たちと共に過ごすのも今年が最後。
そう思うと、ぐんぐんと、ぞっとする程、雑草たちが茂るこの季節を、大切に思います。


ああ、 ダンゴ虫はどうしよう...


ドクダミが、
dokudami02.jpg

隅までびっしりと...
dokudami01.jpg
posted by stella at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エクステリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

一粒の種と星の間には人間が存在する

ポストに届いたハガキから、芽が生まれるなんて素敵だな。
想いがスクスクと育つように、元気に伸びて欲しいレンズ豆。


テラカード
カード一枚で始めるガーデニング・キット。カードのシールを剥がして水をあげると、数日後には芽が出てくる。カードには、培養土と植物の種が入っていて、カードを受け取った人はメッセージを見ながらガーデニングができる。
レンズ豆/朝顔/きゅうり/デイジー/トマト/ひまわり


ル・キューブ・ベール
「一粒の種と星の間には人間が存在する」という哲学に基づきデザインされたガーデニング・キット。マリーゴールドの種が付いたフェルトに水をあげ、自然光または人工の光の中に置くと約1か月で芽が育つ。
posted by stella at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | エクステリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

うちの庭で、大変なことが

今朝、家を出ようとしたら、大変なことがおきていたのです...!
うちの庭で、大変なことがおきていたのです...!

なんと、子猫が2匹生まれていました。

さすがに生まれたてではないと思うのですが。

ここ、一週間くらい、雨が降ったりいろいろあり、庭を見ていなかったのです。
うちの庭は、今ちょっと...雑草が大変なことになっていて、特に雨上がりは、本当に、怖くなってしまうくらい伸びていて、怖くて...見て見ぬふりをしていたのです...

そうしたら、子猫が生まれてらしいのです。

パームヤシのハンギングバスケットが転がっていて、そのフカフカした所を、どうも寝床にしているらしく、子猫2匹がまるまって、寝ていたのです。

絵本かと思いました。

かわいすぎました。

かわいすぎました。

その子たちは、一目見て、ああアイツの子だな、というのが分かるキジトラで、
私がこの家に住みはじめた当初からこの辺りにいる、キジトラの子だと思いました。

案の定、キジトラの姿も、少し離れた場所にありました。

このキジトラは、本当になつかなくて、私は何度もチャンレンジしたのですが、どうしてもなつきませんでした。
うちの庭や玄関を通り道にしているので、よく行き交うのですが、その度に、シャーっ、と言われるのです(涙)

私が子猫たちに近付こうとしても、あまりにも怒られるので近付けませんでした。
私は今、少し離れた場所からしか庭を見ることが出来ません。

プチジャングルと化した庭を、すごい小さい猫が飛び回っています。

絵本の世界みたいです。

たとえ仲良くなれなくても、私はこの絵本の風景を忘れません。

かわいすぎます。




翌朝、必死で写真を撮ってしまった。

寝ているところをスキを見て...
neko01.jpg

でも気付かれるとすぐこうなってしまう...
neko02.jpg

もういっぴきいる。
neko03.jpg

これが親猫。
neko04.jpg


なんだか遠慮してしまって、私は自分ちの庭に近付けない。



posted by stella at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | エクステリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

お部屋にグリーンを

うちには、ほどほどにグリーンがあります。
いちおう庭もあるのですが、庭の方は、手付かずの庭...という感じで、鬱蒼としています。
けれど、庭仕事は好きではあります。私はよく、デレク・ジャーマンの写真集 を眺めています。
室内にも、サンスベリアや柱サボテンなどがあります。手がかからず、便利です。
私はいつかサンスベリアで間仕切りを作りたい...! なんて気の長いことを考えています。

□初心者向けの鑑用植物(サボテン・多肉植物)
サボテンや多肉植物は、手が掛からないので、室内の装飾用や癒し用におすすめです。
冬の間はまったく姿を変えず、(水やりも要らない)春になると突然スクスクと成長しだします。
いままさに、スクスクと聞こえてきそうな子たちを紹介します。
多肉植物 サボテン
左:多肉植物が花をつけました。なんだかとても嬉しいです。
ポロリと落ちた欠片からも根が出ていました。こうしてどんどん増えていくのです。
寄植え用にたくさん育てて箱庭つくりもしてみたな、と思います。

右:一年ほど前に種から育てたサボテン。一年でやっと2cm(笑)
リトルガーデン ナガサボちゃんアンジェ )」です。
ハイドロカルチャーを使って水耕栽培もできますよ。

手がかからなく、丈夫で病気のない、サボテン・多肉植物は、鑑用植物としてとってもおすすめです。
鮮やかな色合いや、生命感あふれる肉感的なフォルムは、うっとり....します。
万華鏡の世界みたいで綺麗すよね。
サボテンや多肉植物は、品種が豊富で、愛好家や研究会なども多くあります。レアな子を探すのにはインターネットがの情報が充実しています。

[おすすめSHOP:amiami
[参考:サボテン 多肉植物の育て方、楽しみ方

Delosperma lehmannii Echeveria cv. Bombycinaボンビシナ Aloe variegata千代田錦(ダルマタイプ) Crassula clavataクラバータ Echeveria cv. Derosa花乙女 Echeveria cv. Splendorスプレンダー

□お花屋さんへ行こう
お花屋さん...といっても、方向性やセレクト、用途など、お店のスタイルはさまざまです。
おすすめのお花屋さんを紹介します。(東京)

>> BPQC  モア ザン ワーズ(新宿) 伊勢丹の地下にあるBPQCにあるお花屋さんです。雑貨やCD、アクセサリーなどと合わせてお花を選ぶのにも便利です。ショーケースにきれいに飾られたブーケのサンプルが綺麗に並んでいます。

>> JARDINS des FLEURS(銀座) 「オートクチュールの花」を提供するこだわりのお店。生き物を素材とした空間演出は、インスタレーション美術のようです。ファッションショーやショップのディスプレイなどでも活躍されているアーティストのお店です。

>> H.P.DECO(神宮前) ヨーロッパを中心に集められたインテリア雑貨と家具のお店で、フラワーコーナーも充実しています。上記のJARDINS des FLEURSとのコラボレーションで新しい驚きにも出会えます。
毎月、季節の花を使ったアレンジメントの提案と、コーディネイトのレッスンを行っています。

□プリザーブドフラワーの利用

プリザーブドフラワーとは、ドライフラワーや造花とはまったく異なる新しい加工花です。生花のうちにオーガニック系の染料を吸わせ、ソフトな風合いを長期間に渡って保ちます。赤やピンクなどの生花さながらの色から、自然にはない青、水色、ミントグリーンなどカラーバリエーションも豊富です。
「永々に咲き続ける花」としてインテリアなどにもよく使われます。
>> プリザーブドフラワー(日比谷花壇)

□マン盆栽のすすめ
マン盆栽といえばパラダイス山元さんです。
マン盆栽とは、伝統盆栽とちがって、特別な流儀やきまりごとはありません。盆栽にプラスαを加えることで、ドラマを生み出しこだわりの小宇宙をつくり出すことが出来ます。
>> ザ・マン盆栽百景/パラダイス山元(著)
潔く、ドラマチックな作品を作りましょう。
やりだすとけっこうハマります。
マン盆栽の素材は、DIYショップの建築模型売り場などにあります。

さまざまなカタチの「グリーン」がありますが、各々の持ち味を生かして、うまく生活の中に取り入れていれてみてくださいね。
毎日の小さな変化に顔がほころんだり、時には思わぬ変化や予想外の出来事に驚いたりしながら、「ひらめき」のある暮らししたいな、と思っています。
posted by stella at 18:28| Comment(0) | TrackBack(2) | エクステリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。